永村 幸治(Koji Nagamura)
1984年3月6日 生まれ
石川県金沢市 出身

9歳の時、両親の影響と袴姿に憧れ民謡三味線を習い始め、12歳の時に津軽三味線を初めて聞き、その迫力と技術と音色に心打たれ、津軽三味線に転向。
その後、津軽三味線の全国大会で数々の賞を受賞し、2005年には、津軽三味線全国大会inKOBE 一般の部で優勝。

2006年からは、小・中・高校や各種団体などで「人生を変えた津軽三味線」と題し、講演と演奏をしている他、県内外の中学校・高校で、独奏とバンドスタイルでの芸術鑑賞会も行っている。

また、2002年には「SING LIKE TALKINGの佐藤竹善」との共演、
2006年には「モントレージャズフェスティバル in NOTO」に出演。
2010年から地元石川県でのコンサートを開催し、2011年2月には自身の1stアルバム「Going.」発売。
2011年6月には「石川テレビ放送」で放送される百万石まつり特番に楽曲提供。(オープニング曲「地平線」、エンディング曲「合戦」)
2014年には飛鳥Ⅱゲストエンターテイナーとして乗船。
2015年7月から石川の銘酒「菊姫」のCMに出演・楽曲提供。「蔵人〜KURODO〜」
2017年4月には2ndアルバム「unleash」を発売。

現在は、「吉田兄弟」の弟、吉田健一がプロデュースする津軽三味線集団「疾風(はやて)」にも参加し、コンサート、ライブなどに出演している。
ソロ活動としては、県内外の小・中・高校での芸術鑑賞会や講演、番組への楽曲提供など、幅広く活動している。
2007年から活動している「永村幸治 with SoundSplash」では、津軽三味線に洋楽器を加えたバンド編成で他ではみられないようなスタイルで演奏する中でも、津軽三味線のよさを大切にしながら新しい津軽三味線の可能性を探り、石川県金沢市を拠点に全国・世界へ向け、精力的に活動していきたいと考えている。

CD・参加作品等ページ「Discography」へ

モバイルの方はこちらから「Discography」

バンドスタイル「Sound Splash PAGE」へ

レッスン・教室ページ「Lesson」へ